広島で就農を決意した二人が、海外でのブドウの研修も含めた、世界旅行に出ることにしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレーシアに到着しました。
ここでの目的は、観光はお休みして、とにかく体調を直すこと!
インドネシア旅行中に健治は風邪をひき、陽子は下痢と食欲不振に襲われていたのでした。
ミャンマー以来続いた夜行移動や、空港泊での疲れが二人ともたまっていたのかもしれません。

マレーシア到着翌日、クアラルンプール市内にある病院に診察してもらいに行ってきました。
「HSC JAPAN クリニック」というところで、日本人医師による診察が受けられます。
海外で日本人のお医者さんに診てもらえるのは本当にありがたいことです。
診察してくれた医師は、丁寧に私達の病状を聞き、薬を処方してくれました。
ただ、私の下痢については、こういう旅行で外食ばかり続けていると、なかなか直らないだろうとのことでした。
思えばお腹の調子はインド以来常に良くなかったのでした。
こういう場合、日本の「ビオフェルミン」という薬を飲むのが効果的らしいのですが、マレーシアでは手に入らないとのこと。
日本人会にある商店で日本の薬を取り扱っていると聞き、この後探しに行きましたが、この時ちょうど売り切れていて、手に入りませんでした。
日本で簡単に手に入るものが、旅行中はなかなか手に入らなくって、もどかしい思いです。

薬をもらって、あとはひたすら寝て過ごします。
三日間くらい寝ていると、だんだん体調が回復して、食欲もでてきました。
私達の宿は、チャイナタウンの中にあります。

s-IMG_6923.jpg s-IMG_6915.jpg

チャーハン、ラーメン、マーボー豆腐‥。
中華料理はやはり、他のアジアの国の料理に比べてレベルが高いです。
スパイシー過ぎるインド料理、ひたすら脂っこいミャンマー料理‥。
今までの苦労が報われる思いです。

マレーシアで訪れた、唯一の観光地。
ヒンドゥー教の聖地、バトゥー洞窟。
超巨大な洞窟の中に、ヒンドゥーの神様が祭られています。

s-IMG_6934.jpg s-IMG_6939.jpg
s-IMG_6948.jpg

洞窟は神秘的な空気が漂っていて、お祈りする人々の姿がよく似合います。
この場所ではインド人の姿を多く見かけました。

さてゆっくり過ごしたマレーシア滞在はあっという間に終わり、これから中東・ヨルダンに向かいます。
慣れ親しんだアジアの国々ともお別れです。
中東・アフリカの旅はこれまで以上に危険が予想されますが、初めての土地への期待が高まります。
体調も回復して、さぁ、出発!!
スポンサーサイト

[2012/01/09 12:25] | マレーシア
トラックバック:(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。