広島で就農を決意した二人が、海外でのブドウの研修も含めた、世界旅行に出ることにしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あっという間のスイス観光を終え、次はイタリアに移動です。
ジュネーブ空港でイタリア行きの飛行機を待つ間に、慌ててイタリアのガイドブックを取り出し、情報収集をします。
どうやらイタリアは治安が少し悪いのか、スリに注意という記載が多くあります。
フランスではのどかな街が多く、治安が予想以上に良かったので、油断していた気を再び引き締めました。
しばらく使用していなかった腹巻をつけ、パスポートをセットして、準備も万端☆

イタリアのローマに飛行機が着きました。
今日はまず空港からローマ市内の駅に移動し、更にローマからナポリまで移動します。
しかし早速問題がありました。
ナポリまでの電車運賃が、ガイドブックに載っていたよりも、2倍以上も高いのです。
ガイドブックは2006年発行のものでしたが、まさか5年でそこまで価格が変わるとは‥。
予想以上に電車の運賃が高かったので、急遽高速バスでの移動に切り替え、ナポリに向かいました。

翌日、ナポリ近郊の町、ポンペイを訪れました。
ポンペイは西暦79年に火山の噴火に飲み込まれた、古代遺跡です。
遺跡はとても広く、神殿や、闘技場、広場、住宅街などがあり、まさに町が一つそのまま遺跡になっています。
そんなに広いと知らず、地図も持たずに入った私達は、道に迷って歩き疲れてしまう程でした。
s-IMG_2424.jpg  s-IMG_2432.jpg
s-IMG_2454.jpg


さらに翌日、ナポリの考古学博物館でポンペイの出土品を見に行きました。
現場では見られなかった、壁画や彫刻が多数展示されています。
中でも魅力的だったのは、緻密なモザイク画です。
2000年も昔の人々の高度な技術に、思わず見とれてしまいました。
写真がないのが残念‥。

スポンサーサイト

[2011/10/13 03:16] | イタリア
トラックバック:(0) |
イタリアについてから、嫌な感じはしていたのです。
まず、電車のホームや車両に落書きが多い。
特にナポリに行ってからは、道にゴミが沢山落ちているし、道の脇に座り込んでいる人が多いのです。
ガイドブックにもスリに注意と何度も書いてある。

気をつけてはいたのです。
しかし、イタリアに入国して3日目、ついにやられてしまいました‥。
ナポリ市内でトラム(市街電車)に乗り込もうとした時です。
ふと振り向くと、私の後ろに並んでいた健治が、後ろのおじさんに対して何やら怒っています。
健治は手に私の財布を持ち、後ろのおじさんをつきとばして、トラムの外に追い出しました。
私はわけがわからず、ぽかんと見ているだけでした。

そのおじさんは私のズボンのポケットから、私の財布をスッていたのです!
私はその気配にも全く気づいておらず、近寄るおじさんを不信に思った健治が盗まれた財布を取り返してくれたのでした。
イタリア入国以来気をつけていたにも関わらず、見事にすられてしまうなんて、なんて間抜けなのでしょう‥。
落ち込むと同時に、感の良い健治の有難さに感謝したのでした。

終点でトラムを降りると、トラムの車掌さんが近寄ってきて、「ブラボー!!」と健治を称えてくれたのでした。
一件落着☆

その後、有名な「青の洞窟」を見るため、カプリ島に向かいました。
しかし、その日は風が強く、波が高かったため、カプリ島から青の洞窟まで出るボートが欠航になっていました。
青の洞窟は諦め、カプリ島内の観光に切り替えます。
港から街中までバスで向かうのですが、海沿いの崖をくねくね走るバスの車窓はガイドブックの写真のような景色です。
狭い道を走るスピード感も加わり、ちょっとしたアトラクションのようです。

街のスーパーでカプリ島名物のレモンを使ったお酒を買い、見晴らしのいいところで一杯。
s-IMG_2497.jpg

帰りのフェリーからは、昨日訪れたポンペイを飲み込んだ火山がよく見えました。
s-IMG_2510.jpg






[2011/10/13 03:18] | イタリア
トラックバック:(0) |


スナフキン
退廃的な町ナポリ、ユーロ圏の落ちこぼれ国のひとつイタリアですが、非常に陽気です。愉快な人と出会うことを祈ります、ちびっ子のアイスクリーム詐欺も有名です、郷に入れば郷にとは、その国の気質を模倣する事なのです。日本気質はとりあえず捨てましょう。

一生の不覚・・?
西マナ
必ずやると思ってました(x_x;)
反省はしても気落ちはしないように。
頼もしいパートナーがいてブラボーです。

ちなみに青の洞窟は沖縄にもあります。
ダイビングスポットなんだけど、代替品として是非ご利用ください( ̄ー ̄)
山もいいけど、海も楽しいよー☆

教訓☆
陽子
スナフキンさん
お金は分けて持ち歩くように、という出発前のスナフキンさんの言葉が身にしみました。それ以来、小さいお金しかポケットには入れないようにしました☆郷に入れば‥とはいい言葉ですね!確かに、行った先々の風土に慣れていくしかありませんね。

西マナさん
青の洞窟って沖縄にもあるんですね!西さんは山も海も、積極的に挑戦してて、素敵です☆海は泳げないからあまり行ってないけど、きっと全く違うよさがあるんでしょうね。西さんの活動報告も待ってます~!

コメント:を閉じる▲
今日はナポリから、ローマに移動する日です。

ナポリでは、悪いことがたくさんありました。
陽子に悪いことがおき、カプリ島に行っても青の洞窟は行けず、ホテルの予約の際にwifiが使えるとあったのに実際は使えなかったり、夜中にいきなり大きな音がしてマフィアの銃撃戦かと思って外を見たら、なぜか私達のホテルから50メートルぐらいの所で打ち上げ花火があがってたり等など、すごい疲れました。

ただ良かったことは、ピザの値段が安く美味しいこと、ポンペイの広さに驚いたこと、そして出発の朝に格安の市場にでくわせたことです。

IMG_2467.jpg

30センチの大きさのピザが4ユーロ。二人で2枚食べるだけで精一杯です。

IMG_2553.jpg

市場の風景。この市場は、服が0.5ユーロから10ユーロの値段で売っていました。

日本では考えられない値段です。
どこからこの値段で仕入れてくるのか不思議です。
けっこうよさげな物もあって、どこかの支援物資の横流しかな、とか勝手に想像したりしました。

これからネパールに移動して、高い山をトレッキングをするので、山用の服を入手しました。
ウエットスーツのような生地の、本格的な雪山に対応したズボンと
薄手のフリース生地のジャケットの2つで5ユーロでした。

日本に買って帰り、商売ができそうなぐらいです。
もしナポリに用事がある人がいれば、お勧めします。

IMG_2547.jpg  IMG_2563.jpg

ナポリの花嫁と、丘の上の教会からの眺め。雲がありますが、この旅行で初めてまともに雨に降られたのもここナポリでした。

今日は、前回値段が高いと断念した電車で移動です。
実は、安く買えたのでした。そういう意味でもついていないナポリでした。サラバ~~!!

[2011/10/13 03:38] | イタリア
トラックバック:(0) |

御見舞申し上げます。
スリに合ったり大変でしたね。
そんな経験をしているとだんだん頼もしくなっていくのでしょうね。

時々は意見させていただいておりますが
写真上手に撮られていますね。
配置とか考えて撮っておられるのかな?
話と写真と見れて旅の様子がわかりやすいです。
多分旦那さんが撮っているときかなぁと
ちがいます?

ネパールでは良いことありますように。
お気をつけて(^^)



私も撮ってますよ~!!
陽子
とさん
私も写真撮ってますよ~!!今度気に入った写真があったら、どれか教えてくださいね。きっと私の撮った写真を気に入るはず☆
ちなみに私は構図特に考えてませんが、健治は考えているらしいです。

コメント:を閉じる▲
ローマといえばコロッセオとバチカン。私達も行ってきました。

コロッセオについては、映画グラディエーターの知識ぐらいです。

s-IMG_2602.jpg

ホテルから歩いて行くと、見えてきました。
街の中心部に位置しており、大きいので、遠くからでも見ることができたのです。
近づくと、コロッセオの大きさ、観光客の多さ、物売りの多さ、周辺の遺跡群、それらに圧倒されます。
中に入って見学をできて、原型を留めてはいないのですが、グラディエーターの知識があるので、当時の姿、観客の様子や拳闘の様子を容易に想像できます。ライオンと奴隷が戦ったり、キリスト教徒が動物の生贄にされたりとするような絵がありました。

s-IMG_2584.jpg  s-IMG_2596.jpg

周辺の遺跡の写真です。未だに発掘していて、左はその写真です。


次にバチカンに移動しました。
キリスト教の総本山と聞いていたので、どういうところか楽しみにしていました。


s-IMG_2633.jpg  IMG_2631.jpg


教会の前にまず広場につきます。ここでもその大きさ、そして観光客の多さに圧倒されます。

この広場で10月15日に結婚式を行う日本の友人宛てにビデオレターを撮りました。
自分らで撮影したので、顔がドアップになったのが気になりましたが、喜んでくれると嬉しいです。

教会にはセキュリティーチェックを受けて入ります。

s-IMG_2655.jpg


総本山ということで、全大理石つくりの天井も高く、石像も絵画も大きく、すばらしいです。綺麗です。贅沢な事この上ないです。
今の教皇が建てたわけではないけど、お布施でこれ程の物を建ててしまう宗教ってと考えてしまいました。
そういえば昔行ったタイの仏教もお布施でアチコチにでかい構造物を作っていました。現代の日本の1部の宗教もしかりですね。
時の権力者が権力を示すためならわかるのですが、宗教の信仰としてこれを立ててるのに少し違和感を覚えてしまいます。今の普通の信者はどのように感じているのか気になりました。
あとこれに匹敵するような歴史遺産が、日本に果たしてあるのだろうかと思いました。
また中にはハトの彫刻がいっぱいありました。
平和の象徴のと言われる由縁に関係あるのでしょうか。


[2011/10/15 04:02] | イタリア
トラックバック:(0) |
ついにいろいろあったイタリアを去る時が来ました。

ローマに帰った後は、コロッセオとバチカンと市内観光はできたものの、
サッカーを見ようと思ったら、ちょうど先週と来週開催で今週の開催はなく、
それではオペラを見ようと思ったら、2週間程スケジュールが空いていて、ちょうど私達がローマに滞在している時期でした。

イタリアの人は陽気で楽しい人等イメージして、愉快な国だと思う人が多いいと思います。
ただ私達にとっては、良いことが少なかったというか運が悪かったので、相性が悪い国でした。

次はネパールです。気を引き締めていきます。

その前に難関があります。航空券がローマ→カタール→インド→ネパールという経路なのです。
航空会社も違うので、荷物が無事に届くかどうかが心配です。
もし紛失してもネパールでちゃんと対応してくれるかわかりません。

ネパール自体も緊張ですが、その前の荷物が心配でたまりません。

IMG_2665.jpg

イタリア最後のご飯はピザです。お店の中で食べるピザはナイフとフォークを使うみたいです。
てっきり切ってあり、手で食べるものと思い込んでいたので周りキョロキョロ観察しました。

[2011/10/15 04:12] | イタリア
トラックバック:(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。