広島で就農を決意した二人が、海外でのブドウの研修も含めた、世界旅行に出ることにしました。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バンコクに着き、早速お土産を探すために市場に行きます。

バンコクにはいろんな所に、いろんな市場があるみたいです。

私達は4箇所の市場を回りました。
週末市場。お土産や衣料、なんでもある感じでした。他の国では土産と言ったら種類がそんなにないのですけど、タイでは種類が豊富です。
タイの良さを感じます。ついついいろいろ買いすぎてしまいました。

IMG_5368.jpg
衣料市場。100円でフリースをゲット。イタリアのナポリのマーケットも安かったですけど、やはりアジアの方が半分くらいです。
ただそれぞれの国の平均年収を考えると、イタリアの値下げの健闘ぶりはすごいです。

王宮周辺の市場。仏像やおまもり関係が多いいです。

IMG_5334.jpg
雑貨市場。いろんな種類の雑貨が大量にあります。

おもちゃ市場。フィギュアからラジコンからゲームまで多いいです。店頭でPS2(日本の中古の輸入かな??)を分解、組み立てしているのを見ました。それでも5000円くらい

それぞれバンコク一番の市場なのでタイで一番大きい市場かもしれませんけど、膨大なお店の数、そして商品の量・種類、絶対タイ国内で消費しきれる規模ではありません。
隣国・世界各国から商人が集まり、ここで仕入れ自国に持って帰る、そんな風に感じます。
タイの商人、世界の商人の欲望が集まる場所。活気がすごい溢れていました。

またそんな市場を支えるために、市場のどこにでも食べ物屋があります。また路上でも屋台がたくさん出ています。

IMG_5345.jpg
どこを歩いてもアジアどくとくの食の匂いがします。食欲の町。

そして夜の街。そっちの欲望の噂も聞いたことがあると思います。
タイの田舎から上京してバンコクでお金を稼ぎ貧困から抜けようとする女の人が多いいみたいです。

IMG_5398.jpg
路上のマッサージ屋さん。簡単に独立できるからやっているのでしょうけど、蚊に刺されるので絶対に行きたくありません。



昔の仕事でタイ出張の時に、よくいったデパートの写真、とその果物売り場の写真。

IMG_5390.jpg IMG_5385.jpg
JA山形が、タイにリンゴを輸出し、ここで売っているのです。売り子はもちろん、タイ人。
蜜入りフジが約130円。現地の日本人向けの値段で、タイ人は買いませんが、そこまで高くない。
頑張っているJA偉いし、日本の農業を牽引していって欲しいです。



また、タクシーや宝くじ売り、路上での商売、物乞い、屋台、そして他の国で見なかった大量のオフィスの数、観光客いろんな人が大量にいます。
朝と夕方は毎回道が混雑し、自分の思いを持ちながら、みんなが過ごしている。。。

よく見て、よく考えると、欲望の欲望による欲望のための町、エネルギーと活気、すごい受けました。

前日の晩に、カンボジアで同じ宿だった2人と再会し、飲みに行きました。
2人とも大学生。若いです。良い刺激をうけます。
自分も22歳の時に始めて海外旅行したときの事を思い出します。
あれから8年、老けたな~と実感するけど、この2人の8年後、どうなっているのでしょうか?
楽しみだなーと感じました。
そして人のことより、俺も旅行から帰ったらがんばらないといけない。俺の8年後もっと未知数。そう思うのでした。



スポンサーサイト

[2011/12/29 21:20] | タイ
トラックバック:(0) |
タイには4日間だけの滞在で、すぐにミャンマーに移動です。
タイ最終日、空港に向かう途中で一人のタイ人の若者に会いました。
彼は空港に向かう電車の乗り場で迷っていた私達に道を教えてくれたのでした。

更に話をすると、
「先週大阪に行ってきたよ。」
とのこと。
彼は「飛行機会社のクルーで仕事で行ってきたよ」と言うのです。
大阪や福岡に行ったときの写真を見せてくれ、
「今まで行った中で日本が一番良かったよ!」と大絶賛です。
中でも彼の一番のお気に入りは、スシローと思われる回転寿司屋さんの映像です。
5枚お皿を入れるとルーレットが回り出し、3つマークが揃うと、ガチャポンのように景品が出てくるのです。
また、お寿司を注文すると、侍のマスコットが商品を運んできたりします。
その映像を見せながら、大興奮!
私達も日本が絶賛されて、大満足なのでした☆

海外に出て思うのは、日本の商売人のサービス精神の高さです。
他の国のお店では、気持ちのいいサービスはなかなか受けられません。
無愛想だったり、商売っ気が多すぎたり、うさんくさかったり‥。
(私達が安いお店しか行かないから余計なのかもしれませんが)
その点日本では、値段が安くても、高い顧客満足度を目指すお店が多くあります。
そしてその精神は、万国共通で喜ばれるのだなぁ、と実感。

続いて写真を見ていると、彼が黒いサングラスにワイシャツを着て、飛行機の前に立っている写真がありました。
スチュワートかと思ってたのですが、もしかしてと思い聞くと、彼は副操縦士だったのです。
最初は謙遜してクルーという言い方をして、しかも航空路線を聞いていると、立派なタイ航空の操縦士です。
どうりで日本のロイズのチョコレートをお土産に買ってきているはずです!!
しかも気前よく私達に1粒ずつくれました。
代わりに何か上げたかったのですが、特に持っていなかったので、名刺しかあげられませんでした。にくいです。
私達よりもお金持ちかもしれません。
別れ際に、「日本が好きだよ」と言って、彼から新品そうなトヨタ車のキーを見せ付けられました。
また大阪や福岡の観光写真も美人のスチュワーデスに囲まれて、彼は私達と住む世界が違う人間なのかもと感じました。

[2011/12/30 13:35] | タイ
トラックバック:(0) |
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。